光触媒とCT触媒の違いとは?

キーワード解説【触媒加工】
触媒とは、そのもの自身は変化しないが、化学反応を速く進めることができるものをいいます。造花やフェイクグリーンなどのコーティングにみられる触媒加工の主な種類は、日の光や電気の光を浴びることで抗菌・消臭効果をもたらす「光触媒」と、光がないところでも細菌や臭いに反応にして化学反応を起こし除菌・消臭する「CT触媒」の2つに分けられます。

空気を綺麗にしてくれる触媒加工のフェイクグリーン

お部屋に少しでも花やグリーンがあると、何だか癒されますよね。とはいえ、本物の観葉植物は育て方が難しかったり虫の問題があったりとお世話が大変なので諦めているという方も多いでしょう。

そこで最近では本物そっくりの造花やフェイクグリーンが人気なのですが、どうせ置くなら見た目のオシャレさや癒しだけではなく、抗菌や消臭効果で部屋の空気をきれいにしてくれる効果のある触媒加工されたフェイクグリーンがおすすめです。
先ほどもありましたが、フェイクグリーンの触媒加工には主に2つの種類があります。

  • 光触媒
  • CT触媒

まずは、それぞれの仕組みや置き場所についての注意点など、詳しく見ていきましょう。

光触媒(酸化チタン)とは

光触媒というと通常は金属のチタン(Ti)と酸素(O)の化合物である酸化チタン光触媒のことを指します。太陽光や人工光に含まれている紫外線及び水・酸素という非常にクリーンなエネルギーによって発現する酸化チタンの「酸化分解反応」と「親水化」を利用して、空気中に浮遊する有害な有機物(臭い、菌やウイルス、汚れなど)を、水と二酸化炭素に分解・除去します。

酸化チタンって安全なの?

酸化チタンは白色の粉末(超微粒子)で古くから白色顔料として使用されています。塗料をはじめ歯科材料や歯磨き粉、化粧品など、また無味無臭で人畜無害なため食品添加物(着色料)としてホワイトチョコレート、お菓子、ガムなどにも幅広く使用されています。つまり、安全性の高い物質といえます。

効果はどのくらいもつの?

酸化チタン光触媒そのものは経年によって効果が変化することがなく、よほどの事情でコーティングが剥がれない限り、その作用は半永久的と言われています。ただし、表面に分解できない物質(無機物や多量の汚れ)が付着して効果がなくなることがあります。この場合は、水洗いをして光(太陽光など)に当てると回復します。

置き場所には工夫する必要がある

酸化チタン光触媒は紫外線のある所で使う必要があります。屋外では太陽の光がありますが、屋内では窓からの光と照明の光を利用することになります。一般に屋内では紫外線が少なく、注意が必要です。例えば陽が当たらず、照明を使う時間の短いトイレや玄関等には不向きと言えます。

また、光触媒加工された範囲が広く多いほど効果があるため、小さいものよりは大きな光触媒観葉植物のほうが空気清浄できる範囲が広くなります。小さいものをリビングなど広い部屋に置く場合は、できれば室内の何箇所かに置くと効果的です。

CT触媒とは

CTとはChange Transfer(電荷移動型自動酸化還元半導体)の略で、ファイラック インターナショナル株式会社により開発されたものです(特許 第3514702号)。
電子供与体と電子受容体から構成され、同時進行の酸化、還元反応により、太陽光や蛍光灯などの光エネルギーをまったく必要とせずに、空気と触れているだけで、消臭、抗菌、マイナスイオン効果を発揮します。暗い場所でも効果があるため、従来の光触媒と違って置く場所を選びません。

CT触媒の安全性は?

CT触媒の安全性は「財団法人日本食品農医薬品安全性評価センター」での試験結果により証明されています。生体必須ミネラルに含まれる元素から厳選したミネラル複合体のことで、非常に安全性が高く人やペットに無害な触媒です。

効果はどのくらいもつの?

こちらも、触媒作用自体は半永久的に持続します。ホコリで覆われたり、花びらや葉の表面にコーティングされたCT触媒を強く剥がさない限りは、長期に渡り効果を発揮します。

ホコリが積もると効果が発揮できないので、ときどき水気を軽く絞った雑巾などで拭いてあげるとよいでしょう。また、光を必要としない触媒加工ですが、2~3ヶ月に1度、晴天時に2~3時間太陽の光を当ててあげることで効果が長持ちします。

最後に

最近ではフェイクグリーンもとても精巧に作られるようになり、ほとんど本物と見分けがつかないものも多いです。種類もいろいろあって、楽しいですね。
触媒加工されたものなら、部屋の空気も綺麗になって一石二鳥。是非この機会に取り入れてみてくださいね。

今回の記事に登場したアイテム
消臭アーティフィシャルグリーン エクリア(株式会社キシマ)
WA BONSAI ARTIFICIAL GREEN(株式会社キシマ)
 


参考文献 
・光触媒工業会 「光触媒入門」(検索日:2018/8/3)
・亀井信一著『これで光触媒のすべてがわかる!』秀和システム,2007
・佐藤しんり著『光触媒とはなにか』講談社,2004
・大谷文章著『光触媒のしくみがわかる本』技術評論社,2003

The following two tabs change content below.

NTWアキ

料理愛好家 / ライター / 作家 / クリエイター
「おいしいに国境なし!」──を合言葉に、料理の「?」や「!」を探しながらご家庭で役立つ知恵やアイデアを探求中! ワンランク上のこだわり料理にも、アクセル全開で挑戦します!

最新記事 by NTWアキ (全て見る)