ダマスカス鋼

キーワード解説
ダマスカス鋼(Damascus steel)とは、本来は古代インドで製造されたウーツ鋼の別称であり、木目状の模様を特徴とする古代炭素鋼。シリアのダマスカスで刀剣などに鍛造されたことからダマスカス鋼と呼ばれるようになったとされる。しかし当時の製法は完全には再現不可能とされており、現在は多積層鋼を連打鍛造研削したときに見られる古代ダマスカス鋼と擬似的な模様をもつ高級包丁などの素材を「ダマスカス鋼」と呼ぶことが多い。

【謎に包まれた古代ダマスカス鋼】
シリアの首都ダマスカスで作られていた鍛造鋼「ダマスカス鋼」は前述のように刀剣などに用いられ

もし絹のネッカチーフが刃の上に落ちると自分の重みで真っ二つになり、鉄の鎧を切っても刃こぼれせす、柳の枝のようにしなやかで曲げても折れず、手を放せば 軽い音とともに真っ直ぐになる

という言い伝えもあるほど、優れた鉄鋼材です。さらには鍛えることで浮かび上がる表面の幾何学的な木目の様な縞模様の美しさもあり、十字軍時代にはダマスカスの刀剣は比類無き名剣として尊重され、王家の家宝として伝えられたほどです。ファンタジー世界で登場することがあるのは、名剣の代名詞としての有名さや失われた製法をめぐる神秘性によるものかもしれませんね。

【ステンレス誕生とのかかわり】

この不思議な錆びない鉄鋼材の再現を試みようと、多くの研究者や企業が長年研究を続けており、再現率の高い製法も発見されましたが、インド地方独特のバナジウムを含んだ鉄鉱石が採れなくなったため、残念ながら完全な再現は不可能と言われています。ただ、このダマスカス鋼の製法を研究する中で、現代のステンレス鋼が開発されたという経緯もあり、人類の鋼の歴史のなかで重要な意味を持つ鋼材でもあるのです。


【ダマスカス鋼(風)包丁の特徴】

現代でダマスカスと呼ばれる包丁の素材は、その見た目が古代のダマスカス鋼(ウーツ鋼)と非常によく似ているため代替品として広まったものです。高級包丁の代名詞とも言われる現在の「ダマスカス鋼(風)包丁」の特徴は、その美しく高級感のある独特の波紋にあります。ほとんどの場合はクラッド鋼の一種である多積層鋼で出来ています。これは1つの金属の表面と種類の異なる他の金属(一般にはニッケルと炭素鋼を混ぜて叩き上げるものが多い)の表面を圧力を加えて圧延し、接合する技術により作られた鋼材です。
例えば単体だと切れ味は良いが錆びやすいとか、折れやすいという弱点を持っている鋼材でも、外側に貼り付ける錆びにくい他の鋼材を使うことで刃先(芯材)が錆びるだけで済んだり、外側に柔らかい他の鋼材を使うことで折れにくくなったりするというメリットがあります。ただし、かなりの技術力と手間がかかることから、どうしても包丁の中では高価になってしまうのはデメリットといえるかもしれません。


【ダマスカス包丁の切れ味は?】

切れ味や刃持ちの良さなどについては、鋼部分の芯材と呼ばれる材料に何を使うかや、熱処理加工、刃付けなどによって変わるため、一概に「ダマスカス鋼=切れ味が優れている」と言い切れるわけではありません。
ですが、どこのメーカーでもダマスカス包丁は取り扱う商品の中でも高級ラインナップに位置づけているため、基本的には芯材にもある程度高級な鋼材や優れた材質を使っています。明らかに「切れ味が悪い」という包丁はないので、切れ味に関してはそう気にせずに選んで頂いて問題ないでしょう。

今回の記事に登場したアイテム
三徳包丁 鍛接ダマスカス鋼 69層 濃州正宗(株式会社佐竹産業)

関連用語
三徳包丁
モリブデンバナジウム鋼

参考文献 
・ルードウィヒ・べック著/中沢護人訳『鉄の歴史 第1巻』たたら書房,1974
・田中和明著『図解入門よくわかる最新「鉄」の基本と仕組み: 性質、技術、歴史、文化の基礎知識』秀和システム,2009
・大山正、森下茂著『吉武進也著:ステンレスのおはなし』(財)日本規格協会,1990
・ステンレス協会編『ステンレス鋼便覧-第3版-』日刊工業新聞社,1995

The following two tabs change content below.
リビングートマガジン 編集部

リビングートマガジン 編集部

「リビングートマガジン」では、専門家によるアドバイスや、スタッフによる実験など、暮らしの中で生まれる素朴な疑問を、解決する情報がいっぱい♪ 是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。
リビングートマガジン 編集部

最新記事 by リビングートマガジン 編集部 (全て見る)